静と動!ラジェントの先物取引売買記録


商品先物取引でデイトレ、サヤトリをメインにやってます。
by lagent
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
突撃!隣のブログ・TV出..
from 突撃!隣のブログ・TV出演可..
突撃!隣のブログ
from 突撃!隣のブログ
株式投資の決定版!Drテ..
from Drティーのデイトレ必勝法
デイトレ初心者でもデイト..
from デイトレ初心者でもデイトレで..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

シーズナル・スプレッド

今日は仕事で24時間勤務。株式から商品先物のサヤトリに転向したのもここに理由がある。ま、ここらへんは今後述べていきますが、たまたま引き出しを整理していたらパンローリングのシーズナル・スプレッドの資料がでてきた。

サヤトリといえどリスクは常につきまとう。ただ片張りよ幾分リスクが低いということだけだ。厳しい相場を生き抜くには『取れるところを確実に取る』ことが必要だと思う。

株式で言えばトレンドが明確なとき。去年のように右肩上がりに相場が上がれば資産を増やすのはかなり簡単だろう。しかしそんな相場はそうそう訪れるものではない。昨年、大もうけした人も多いだろうが、今年はライブドアショックに始まって極めて不安定な相場が続いている。日経平均も14000円割れというところまで暴落した。新興市場はなんと3分の1である。いかに個人投資家が大やられしているかがわかるだろう。

先物はレバレッジが高い分、株式に比べて資産の増減が激しい。ほとんどの個人はあっという間にレッドカードを食らうだろう。その先物取引でリスクヘッジしながら安定的に資産を増やすにはサヤトリが最適だと思う。

さて、パンローリングの資料だが、2000年バージョンで少々データが古い。しかしながら現在でも検討した結果8月相場には当てはまっているようなので紹介したい。

大豆は主要生産国アメリカの影響を強く受ける。パターン的には盆あたりからサヤが縮小する傾向がある。何故か。
[PR]

by lagent | 2006-08-05 23:54
<< パンレポートでは 初勝利!だが、、、 >>